iPhoneが故障!?修理をしたいけど、どこに連絡すればいいの?

iPhoneが故障!?修理をしたいけど...どこに連絡すればいいの?

お店の場所を調べたり、友だちとアプリを使って会話をしたりと、私たちの生活に今やなくてはならない必須アイテムとして存在しているのが携帯電話です。中でも世界的に日本でのシャア率が高いとされるのが、米アップル社製の「iPhone(アイフォーン)」です。
ちょっとした不注意が原因でiPhoneを落として画面を壊してしまった、トイレや洗面台に落として水没させてしまうことがありますが、そんな時に考えるのが「iPhoneが故障したらどこに修理を依頼したらいいのか」ということです。
そこで今回は、iPhoneユーザー必見のiPhoneが故障したときに修理を依頼できる場所や、修理方法について解説します。
 
 
  • iPhoneが故障?どこに修理をお願いする?
大切なiPhoneが壊れてしまってどうしようと焦ってしまいますが、事前に対処方法を覚えておくだけでも落ち着いてスムーズに手続きを進めることができます。
以下では、iPhoneが故障したときに選べる修理方法やそれぞれのメリット、デメリットについてご紹介します。
 
①Apple Storeに修理を依頼する
iPhoneが故障したときにまず頭に思い浮かびそうなのが、Apple社の直営店である「Apple Store(アップルストア)」です。特にApple Storeで直接iPhoneを購入した方は、直営店に問い合わせをして修理を依頼されることが多いでしょう。
Apple StoreでiPhoneを修理してもらうときには、事前にGenius Barへの予約が必要です。Apple製品に関してトレーニングを受けた専門スタッフから技術的なサポートを受けることができるため、Apple公式ホームページから修理予約をします。なお、予約は公式アプリからも可能です。
 
《メリット》
Apple StoreにiPhone修理を依頼することのメリット、それは修理に使用するすべてのパーツがアップル社認定であるという点です。また、iPhoneを購入時にApple Care+という有料の保証サービスに申し込むことで、対象となる故障個所に関しては通常料金よりも安い料金で修理を依頼できます。初期不良に関しての保証はありますが、Apple Care+に加入することで最大2年間の修理サービスを受けることができます。iPhoneの故障原因によくあるのが、落下による画面割れや水没による故障です。こういった自然故障以外の故障に関しても、Apple Care+の保証内となるため加入しておくと安心です。尚、過失や事故による故障は、2年間に最大2回(有料)まで受けることができます。
 
《デメリット》
現在、日本全国に8か所のApple Storeがあります。そのため、直営店に直接故障したiPhoneを持ち込める方は多くありません。お住まいの地域にApple Storeがない場合は、Apple社の配送修理サービスを利用します。配送にかかる費用はApple社が負担しますが、故障したiPhoneを送付してから受け取りまでに1週間ほどかかるため、急ぎで修理したい方にとってはデメリットになります。
さらに、Apple Storeや配送サービスに修理を依頼するときには、修理の過程で端末に残されたデータはすべて消去されるため注意が必要です。大切なデータがある場合には、必ずバックアップを取っておくことをおすすめします。
 
②Apple社公認の正規サービスプロバイダに修理を依頼する
故障したiPhoneは、「Apple社公認の正規サービスプロバイダ」に修理を依頼することができます。お住まいの地域にApple Storeがなくても、カメラのキタムラやビッグカメラなどの正規サービスプロバイダであれば、アップルの製品保証をはじめ、Apple Care+の保証を利用して故障したiPhoneの修理を依頼することができます。尚、正規サービスプロバイダは、Apple社の公式ホームページで検索できます。
 
《メリット》
正規サービスプロバイダにiPhone種類を依頼することのメリットは、何といっても近くにApple StoreがなくてもiPhone修理を依頼できるということです。Apple社から後任を受けていることはもちろん、Apple社に認定された技術者がApple社認定の正規パーツを用いて修理を行うため直営店であるApple Storeと同等のサービスを受けることができます。また、Apple Storeと同様に製品購入時にApple Care+に加入しておけば、修理時に適用されて通常料金に比べて安く修理をすることができます。
 
《デメリット》
Apple StoreでiPhone修理を行うとの同様に、正規サービスプロバイダに修理を依頼する場合にも必ずデータのバックアップを取っておくようにしましょう。修理の過程でデータが消去されてしまうので、万が一故障をしてデータが見えなくなる可能性も踏まえて定期的にバックアップを取っておきましょう。
 
③携帯電話キャリアに修理を依頼する
iPhoneを携帯電話キャリアで購入した方のiPhoneが故障したときには、ドコモやau、ソフトバンクなどのキャリアに修理の相談をするようになるでしょう。しかしながら、携帯電話キャリアでは一部の店舗を除き、基本的にはiPhoneやiPadなどのApple社製端末の店頭修理受付をしていません。そのため、修理が必要な場合にはApple Storeや正規サービスプロバイダに修理を依頼するようになりますし、キャリアごとの保証や修理方法を用いてiPhone修理を依頼します。
 
《メリット》
携帯電話キャリアの保証サービスに事前に申し込むことで、より安く迅速な対応を受けることができます。例えば、ドコモの「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」へ事前に申し込みを済ませておけば、年に2回まで最大1万1円の補償額を適用することができます。
自然故障に限らず、水没故障や画面保尊、盗難、紛失など、事故による故障に関しても補償対象となります。また、電話やインターネット、店頭窓口から申し込みをすると、1~2日でリフレッシュ品(代替品)を受けとることができます。その後、故障したiPhoneを封筒に入れて送るだけで手続きが完了します。auスマートパスの「あんしんサービス」に加入すると、iPhone修理にかかった費用を最大1万円までauからサポートしてもらえます。ソフトバンクの「あんしん保証パック(i)プラス」に申し込むと、かかった修理代金の80%以上をサポートしてもらうことができます。修理代金の還元は、月々の利用料金から割引されていきます。
 
《デメリット》
最近は、携帯電話キャリアの一部店頭で「店頭修理」を受付けできる店舗が増えています。しかしながら、まだその数は少なく、お住まいの地域に店頭修理を受け付けるキャリア店舗がなければApple Storeで修理を依頼する、もしくはキャリアで申し込みをしてApple社で修理してもらうといった方法をとるようになります。また、修理サービスに申し込みをしていなければ、1年以内の自然故障以外の修理にかかる費用は全額負担になるため注意が必要です。
 
④その他の修理サービスやiPhone修理専門店に依頼する
Apple Storeや正規サービスプロバイダ、携帯電話キャリアのほか、iPhoneの修理を依頼できる修理業者はたくさんあります。修理に用いるパーツは純正品相当のものを使いますし、ほかの修理方法よりも安く修理できることで人気があります。
 
《メリット》
iPhone修理専門店に故障したiPhoneの修理を依頼するメリットはたくさんあります。例えば、Apple Care+や携帯キャリアの修理サービスに事前に申し込んでいないと、修理費用を全額負担するようになります。iPhone修理専門店に修理を依頼すれば、メーカー修理を行うよりも安く修理ができるといったメリットがあります。全額負担で3万円以上するような修理を、IPhone修理専門店であれば画面のガラス交換やバッテリー交換、水没による復旧などのサービスを、機種によっては1万円以下で対応できる場合もあります。
Apple Storeで修理を受ける場合は、Genius Barへの予約から始まり、修理完了までに1週間ほど時間がかかることもあります。その一方、iPhone修理専門店であれば基本的には即日で対応できることが多いため、急遽修理が必要になったときにもiPhoneをスムーズに復旧できることが大きな魅力です。
また、Apple Storeをはじめ、携帯電話キャリアでは、基本的にiPhoneを部分修理するというよりも新品に交換するという作業になります。そのため、故障したiPhone端末に保存されたデータは消去されてしまいます。iPhone修理専門店であれば、故障個所や修理内容によっては端末に保存されたデータはそのままで修理を受けることができるため、大切なデータを守りたいという方向けです。
 
《デメリット》
故障したiPhoneをApple Storeや正規サービスプロバイダ以外で修理するときのデメリットは、Apple Care+などの保証が適用されないことです。携帯電話キャリアの修理サービスに申し込みをしておければ自己負担0円で修理できる場合もあるため、少なからず修理費用がかかることにデメリットを感じる方もいるかもしれません。
しかし、Apple Care+は最大2年間の保証を受けられるサービスであるため、そのほかの期間に関しては修理費用が全額負担になります。そのため、保証期間外や保証を付けていないiPhoneが故障した場合には、修理料金が安いiPhone修理専門店に修理を依頼したほうが良いでしょう。
即日対応や修理料金が安いといったメリットが多いiPhone修理専門店ですが、正規店以外のお店で修理を受けたiPhoneは、その後Apple Care+加入者であっても正規店の保証対象外になるため注意が必要です。
 
iphoneのバッテリー交換なら札幌のアイフォンクリア

アイフォンのバッテリー交換なら札幌のアイフォンクリア